真夏からのいろは
galleryに新しく「いろは」という作品を追加しました。

この作品は、夏に写真家の川内倫子さんのワークショップに参加したことがきっかけで初めて写真集の形でまとめた作品です。
webには元々の撮影したままの状態の6×6の正方形の形の写真で載せましたが、写真集では今まで未経験だった大胆なトリミングをしてみたりとまた違う印象になっていると思います。
10月の下旬に青山ブックセンター本店で他の受講生の皆さんとともに写真集の展示をさせて頂きました。


川内WSギャラリー展 1.jpg


川内WSギャラリー展2.jpg

わざわざ足を運んでくださった皆さま、気にかけてくださった皆さま、協力してくださった皆さま、本当にありがとうございました!



このワークショップは、知ったときからもう絶対に通いたい!!!と熱望していたものだったので受講出来るという知らせが届いた時にはものすっっっごく嬉しかったです。
実際に受講してみると、自分の世界がいかに狭いものか思い知らされました。自分の今の「位置」みたいなものが嫌というほどわかってしまった気がして、これから何をしたらいいのか、何がしたいのかさっぱりわからなくなりました。

そんな気持ちの中で、さらに写真集の形に仕上げるという作業が初めてだったのもあり何から手をつけてよいのやらわからなくて悶々とした日々が長く続きました。
それでも、「できなかった」で終わらせるのだけは悔しいし絶対にやりたくないことだったのでどうにかこうにか試行錯誤の末、一冊完成させることができてとてもほっとしました。

もっと良くできたよなぁ…とは思うところはたくさんあるけれど、今の私の精一杯でやれたとは思うのでとても大切な一冊です。
内容は、昨年撮影した写真を中心に私が家族や時間について改めて考えるきっかけになった出来事を写せた大切な写真や昔何気なく撮影した写真で構成しました。これらの写真は何らかの形でしっかりまとめたいとずっと思っていたので、こうしてワークショップに通えて一冊にまとめて発表するという機会を与えていただけたことにとても運命を感じています。

この制作がきっかけで昔撮っていたフィルムを見返すことが多くなり、また写真というものについて改めて考えさせられています。ワークショップでは「編集」について学ぶことができたのですが、昔の写真をまとめることで何か表現ができないか…と考えるようになれたことが自分の世界が少しは広がったのかな?と感じる瞬間です。
これからまた作品を作るのか、何をして行きたいのかまだ迷いの中ですがまた何かまとめて発表することができたらいいなと思っています。

今年は年明けから第一線で活躍されている方々に作品を見て頂いたりお話させて頂く機会に恵まれたほんとうに夢のような年でした。
来年はどんな風になるのだろう…と期待だけするのではなく、やっぱり自分がしっかり自分に向き合って行動出来た先にしか結果はないということを強く実感できた年だったので、この気持ちを忘れずに暮らしていきたいなと思っています。

最後に、この「いろは」という写真集に添えた文章をここにも記しておきたいと思います。

******



いろは

季節は変わらず巡って
あり続けることを疑わなかったものはいつの間にか消えていく。

でも、なくなるわけではないと信じていたい。

長い長い繋がりのひとつ。
また繋ごうとしながら生きている。


固定リンク . comments(1) . trackbacks(0) . この記事を編集する
シェイプアップ
夢のような2日間。

前は「もう、(幸せすぎて)死ぬかも!」なんて思うのがクセだったけど、今は強く願っている事、それに向かっていこうとしていることはいつか叶うのではないかということが信じられる。

第一線の方々に見てもらえて心から自信を持てた部分、自分にまだ足りない部分、それを良くしていくためのヒントはまだ自分の中でうまく処理できていないけれど。
自分が一番みたいものを、にごりのない純粋なものを、いつか形にできる事を目標にもっともっと考えて行動していく。
こうやって広がっていく事は全く想像していなかったことだけれど、去年、一昨年…と振り返ってみれば自分が向き合ってきた事からのつながりなのでやはりやり続ける事はとても大切と改めて実感。

私は欲張りだから小さい頃からたくさん持とうとしてきたけれど、ここでもやはり「手放す事」がキーになりそう。
自分を信じて、裸になるのが怖いと思う心を徐々に落ち着かせて、シンプルになれたらきっとまた一歩先に進める。
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
最近思った事、いろいろ、メモ
もう、絶対参加したいワークショップの応募用のファイルを作るために、これまでの写真をプリントしていた先週。
古いものは1年半以上前から何度も何度も、ある程度時間を置きつつプリントしていて、プリントをするたびに自分の中にさらに深く焼かれていくような気がしていた。
そして今回はもうここの場所からは卒業したいって強く思った。
具体的な画像のイメージとしても、心理的な部分でも。
この夏にどこまでやるのか、ただそれだけ。
自分の気持ちをしっかり見つめてそれを形にしたい。

近い間に具体的な目標があるってことはとてもいい。
自分の中で決めた事に対してどれだけやれるか、で自分という人間が決まると思う。
年齢的に遅いとか早いとか関係なく、自分のやるべき時、というものを受け止めてやっていける人でありたい。

前は自分の中のなんだかすごくせっかちなところがたまに苦しかったけど、気づいたらそういう部分が落ち着いたのか、気にならなくなっている。
時間、というものは絶対に逆らえない大きなものだけど、その時間をどう過ごしたかでいろんなことを与えられるんだと思うようになってからは時間が経つ、ということが楽しみなことになった。
年齢を重ねていくことも、とても楽しみになった。
3年前に思いもしなかった事を本気で考えるようになったり、2年前にすごく悩んでいた事が今は何の問題もないことに思っていたり、おもしろい。
でもいつも今の自分が一番いいって思う自分であれたら、幸せだなぁ。
今のところずっと変わらずに自分にあってくれているものにも、新しく出会うものにも、向き合っていきたい。

数年前は私は自分のことが好きじゃなかったんだ、と今思い返してみれば、きっとそうだと思う。
見ないようにしたり逃げていたり、大切な人を深く傷つけたりしていても、何にも実感がなかったんだと思う。
そのときはそんなことは全く思ってもいなかった。私は私だ!とかよく言っていて、私なりにちゃんと考えているって思っていて。そしてどこかいつも小さい違和感みたいなものを心の中に感じていた。
そんなあの頃はいつも何かが満たされなくて、いつもなんだか苦しくて、寂しくて、その見えない何かから逃れたくて、結果周りも自分も傷つけまくっていたように思う。

だんだん、だんだん、特に写真を通じて逃げてきた事に向き合うようになれてきて、自信が持てるようになってきた。
長い間、怖いからなるべくたくさん持っていたかったものが心に重くのしかかってくるような感覚をついに知らんぷりできなくなる所まできていた。
だからそれらを徐々に徐々に手放してみて、最後の一つをも手放してみたけれど、私が長い間恐れていたことは何も起こらなかった。

最もシンプルに、自分の本当に大切だって心から思っていることをちゃんと認識して大切にしていられればこんなにも心は穏やかでいられるなんて知らなかった。
自分を苦しめるのも、幸せにするのも自分なんだ。そして周りを傷つけずに大切にできたら本当の幸せというものを知れるのかもしれない。



固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
ドラマチック
一生懸命さが伝わることが私は好きなんだなぁと改めて思った日。

みんなで作り上げることはすごい。

小さい子はすごい。そのまんま、素直。

「がんばらなくちゃ」という何人かの子がひとりで言っていた言葉が心に残った。

そうだ、嫌でも怖くても、がんばらなくっちゃな。

「すごいドラマだなぁ」

という言葉も何度か。

そうだ、生きているだけでみんなドラマなんだ。

そんなことを感じた夜、とてもドラマチックな話がふたつ。

うれしかった。

私もがんばろう。
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
六月の花火

hanabi2.jpg
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する