学校
今日は女子校の撮影の仕事でした。

以前の撮影でお会いしていた先生を含めた同級生6人での座談会とのこと。

お医者さんや航空会社、システムエンジニアに主婦、プロバスケチームの運営に教師…

なんと皆さん2歳しか自分と歳が変わらないことにびっくり。大人だー!私が子どもなのか…

話がすごいおもしろくって、あっという間だったなぁ。

学校ってほんとに特別な場所なんだなぁって思う。

自分のほとんどが作られる場所なんだもん。

自分の中高時代も思い出してみたりして。

あの学校にいくとセンチメンタルな気分になる。そこが好きでもある。

必ず中学時代のことが頭に浮かんでくる。

複雑な思いのある時期だけど、やっぱりその時期の存在は大きいんだなぁと思い知る。

風景が鮮明に蘇るから。

校内で見かける中学生の女の子達はまだあどけなくって声も幼くって、

自分もそんな時があったのかぁと思いつつお手洗いに行ったときに鏡に写った自分をみる。

あのころの私と今の私。いつもなんとも言えない気分になる。いろんな意味で。

学校っていう空間に流れている時間は独特だと思う。

時間が限られているのはどこでも一緒なんだけど、

学校を全て卒業した今の私は特にそのことを意識せずにはいられない。

今しかないキラキラした瞬間がつまりすぎてて

すれ違う子達みんなに、ドキドキする。

みんなどんな人生を歩むのだろう。

どんな生き方でも絶対に忘れない10代の時間。

固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
それでも時々どきどき
HP上では告知してなかったのですが、いつもお世話になっているプロスペクトでの展示のパーティーでした。

毎回なかなか見に来て下さった方達とお話することが出来ずにいたけれど、

今回はたくさんの方とお話できました。

皆さんとても丁寧に作品を見て下さり、熱心に何回も見てくれる方もいてすごく嬉しかったです。

たくさんの感想を頂いて、とっても元気と自信をもらいました。

ありがとうございます。

今の私は以前にくらべてすごく心が開いている感じが自分の中でしていて、

そうすると毎日たくさんの人と笑い合えている気がしてとても幸せだなぁと思う瞬間がたくさんある。

今日もすごくいい時間が過ごせました。

写真、がんばろう。

固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
肯定
こうすることに意味があるのかわからないって思ったけれど、後悔はしたくないから行動した。
そしたらとても心が軽くなって、なんだか自信がもてた。救われた。

全て新しく始めることができる気がしたし、もう、ごちゃごちゃ考えずに好きにしようっていうニュートラルな気持ちになった。
いい意味で、全てなるようにしかならないと思うから、その瞬間瞬間の行動は後悔のないように。
その積み重ねで未来につながるのだから。

無理に描く理想より、笑い合える今日の方がずっと幸せね

って、はっとした言葉。

いろんな悲しさも苦しさも身になったからこそ笑える今がすごく幸せだと思う。
いろんなことがあるけれど今日も楽しもうって思えるから、今日はいい日になる!

固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
風をあつめて
FL000015.JPG


ひさしぶりに朝まであそんだ。

いつも夜の帰り道は家の近くの畑の前で空を見上げて星をみるのが大好き。

今日は五時半なのにまだ真っ暗で、でも雲は微妙な色でもこもこしてて、オリオン座もあって、

すごくきれいだった。

とても苦手だった、DVDを借りてきてひとりで観るという行為が最近楽しいことになった。

まだ昼間は暖かいから公園で葉っぱをみるのが楽しい。

昼間に電車に乗るのが好き。

いろんな心地いいことが身近に溢れているんだなぁ。
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
工房展と葛藤
FL000019.JPG



写真工房展初日でした。

たくさんの人の前で話すのは訳が分かんないくらい緊張した!!頭真っ白とはこのことですか。

やつれた、と、(写真が)セクシー、色っぽい、とたくさん言われました。

やつれたは全くうれしくない!幸せ太りしたいです。

セクシーさは写真にすべて注ぎ込んでると言われました。うーん。

一年生がたくさんみにきてくれて嬉しかったです。

久しぶりーもたくさんで嬉しかったです。

ご来場してくださった皆様本当にありがとうございました。



いろいろわかっているくせになんか引きずったりしてるのはもう吹っ切りたい!

そんな気持ちも写真に込められるかな。

最終的には自分自身の性分との向き合い、戦いだった。

客観的意見は聞いているようでやっぱり自分の意志が固いとことか、

自分の生きて来た道を否定したくなるような気分とか、

そんなの最悪。

自分がいかに歳相応の精神をしていないのか思い知り、でもまだ認めたくないという強情さ。

抜けた先にはどんな自分がいるんだろう。

ぶち壊したい。
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する