ニナ!
FH000019.JPG



先日誕生日を迎え、ついに「ニナ!」です。
どんどん、憧れに思っていた人の、そのときの年齢を超えて行く。

いろんなことに追いつけないのに追いつかなくちゃいけなかったり、追いつけないと思っているだけだったり。
せめぎ合い、ぶつかって、でも、
どうにか心を込めて、形になることを目標に。


苦しさがないと、達成感や幸せも味気ないんだろうなってやっとわかってきたかも。
苦しさも楽しめるタフな人になりたい。
人生最初の勝負の歳だと思う。


写真は新しい相棒になるかも?
新しいカメラで撮った月の写真。輝いていきたいです。



固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
うれしくって抱きあうよ
初めてこの曲を聴いた時から、うれしくって抱きあいたーいと思っていて、
そう口にしていました。

初めてこのアルバムを聴いた時から、このコンサートには行ってみたいなと思っていました。

まさか本当に行けるとは。信じられないまま、あっという間に夢のような時間は過ぎた。
すごくドキドキした。強烈なエネルギーを感じた。

昔から聴いてる曲は、そのときの自分のことを思い出した。
どんな曲でも、思い出と重ねたら感傷的になる。思いもしなかった偶然がよりそんな気持ちを大きくさせたけど、どの曲も新しいアレンジになっていてそれがまたとても良かった。まるでいつでも今が1番良いんだよって言っているみたいだと思った。
そんな今現在の自分と昔の自分を重ねながら、目の前の光景と自分のいる空間にただただクラクラした。

形に残らない、流れていくものだけど、エネルギーと余韻がものすごい。
過ぎていくけれど確実に残るものがある。


うれしくって抱きあうよ、なるべく、なるべく、そんなふうな幸せな気持ちを大切にして生きていたい。


固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
うれしかったことと、ありがとう。と、次の挑戦。
mame_12.jpg



今晩はグループ展の搬出です。
今回のグループ展は、ずっと停滞していた私にとっては新たな挑戦でした。
思い通りに行かなかったり、思っていること自体を見失ったり、へにゃへにゃしてへこたれたり。人に見てもらうということがとても怖いと思っていました。
だけど、搬入が終わってみたら、みんなに見てもらいたい!という気持ちに変わった。
ちゃんと形にすることができてうれしかったのだと思います。
うれしい気持ちになれたことが、とてもうれしかったです。


見に来て下さった皆様、ありがとうございました。
展示をする機会と場を与えてくださった方々に、ありがとうございます。
モデルをしてくれたあの子に、ありがとう。
いろんなことを一緒に考えて、形にしてくれて、支えてくれた彼に、ありがとう。



搬入が終わった日の深夜、彼との会話の中で次の挑戦のテーマが決まりました。わくわくする、こんなテーマは初めてです。今まで培ってきたものと、新しいことがうまく融合したら…とても楽しみ。
不安ももちろんあるけれど、精一杯楽しんで苦しんで形にしたい。

次の挑戦は12月下旬、乞うご期待!!!





固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
ロマンチックあげるよ
2010_11.jpg



想像すらしなかったことばかりが起こる夏。

すべて自分にとって必要なことで、新しい出会いがもたらしてくれたことだった。
このことがどう今後に影響してくるのか、それは自分がどれだけやるのか、ただそれだけ。
とってもシンプルなことだ。

ここでやらなかったらいつやるの?
できるかなぁっていう不安より先に、やりたい!って思う、そんな自分にほっとした。
やってみたいんだ。
一線で活躍している方にアドバイスをいただいたり、まさか会ったりましてや言葉を交わす日がくるなんて想像すらしなかった方に会えたり、生きてるって楽しいなぁ。


ロマンチックでドラマチックな新しいことが、ずっと大切にしていくものになるといいな。



固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する
余韻
img.php.jpeg


調布の花火。
月とたまに通る電車がいい味だしていた。
広い河原は風がふいてて気持ちがよかった!!

花火終了後の空のぴかぴかは違う花火大会かと思っていたら、雷でした。
稲妻が横に走る!!



その前日は撮影のお仕事でした。
御殿場の自然教室での様子の撮影で、中学一年生の子達を撮った。
身体の成長がその子その子で全然違ったり、すごくあどけない感じとか、きゃあきゃあしてる感じとか、なにかトラブルが起きて泣いている子がいたりだとか、自分もこうだったなっていろんな思い出とか感情がぐるぐるして不思議な気持ちでいっぱいになった。
また、そういう場面に自分が居合わせて二度と戻らない場所にちょっとだけ触れられるなんて、すごく恵まれてるって思った。
だからか、撮影がすごく楽しくて、あぁ写真を撮るってあたしすごく好きだなって改めて思った日だった。

帰り道の東名高速がいろんな照明が重なってすごくきらきらしている時間が少しだけあって、フィルムですごく撮りたかった。



過ぎてく時間も経験も、忘れたと思っていても、そのときの事や感情は内にずーっと静かに残っていて何かきっかけがあると呼び起こされるんだな。
固定リンク . comments(0) . trackbacks(0) . この記事を編集する